inthisfucking.world

💩🌎

HomePostsAbout

男女平等によって一番失うものが大きいのは、日本の女性である

この記事は下書きです
続きを希望される場合は、コメントを残してください。著者のやる気が出ます。

男女平等はとても大事である。性別が故に持てる権利が違う、得られるものが違うというのは、不平等である。生まれ持ったものによって区別をし、その区別に対して違った権利や利益を与えるというのは、性別を理由にした行動であり、これは単純に差別である。日本において、差別は違法だ。

しかし、日本では色々な差別が公に行われている。そして多くの人が、それを差別だと認識もしていない。例えば、映画館などにおけるレディースデーだ。女性であれば、チケットが安くなる日が用意されている。女性でなければ、その利益は得られない。性別を理由 (女性である) にした行動 (チケットを安くする) であり、つまり差別である。日本では差別は違法である。

私は、それが差別であり違法であることよりも、何故映画館がレディースデーを提供しているのを知りたい。行動には理由があるはずだ。映画業界は女性が好きで、それが故に単純に女性を優遇したいのだろうか。又は、男性が嫌いなのだろうか。恐らく、背景には女性に対して行動を取りたかっただけの理由があり、それが良い意図の元のものであることが想像できる。何故なら、チケットを高くしているのではなく、安くしている。これは、得である。誰かが得になることを、悪い意図の元でするだろうか。これが得であるという認識が違っていない限り、それはないだろう。

何故映画館が女性にのみチケットを安くしているのか、想像できる可能性は沢山ある。例えば、映画館に来る女性が少ない事実があったとして、チケットを安くしてより多くの女性に来て貰おうとした。女性の平均の収入が男性のそれに比べて少ない事実があったとして、それでも女性が映画を楽しめるようにチケットを安くした。

私は、こういう考慮が好きだ。社会として、素晴らしいと思う。しかし、これは平等なのだろうか。生まれ持ったものによって区別をし、その区別に対して違った権利や利益を与えている (性別が女性であるということに対して、チケットを安くするという利益を与えている)。つまり、差別である。差別が存在するなら、それは平等ではない。

TODO: 差別が存在すると平等ではないことを証明しないといけない

日本には、こういう差別が沢山存在する。

多くの人が、女性だけが乗車しても良い車両だと思っているだろう。仮にそうならば、これは明確に差別である。性別という生まれ持ったものによる区別に対して、それが女性である場合にのみ利益を与えている。つまり、性別を理由にした行動であり、差別だ。しかし、女性専用車両のことを、差別が公に行われている例であると認識している人がどれだけいるだろうか。

実際には、女性専用車両は差別ではない。何故なら、女性専用車両を提供している鉄道会社は、女性専用車両は女性だけが乗車しても良い車両だとはしていないからだ。つまり、女性専用車両は、女性だけが乗車して良い車両のような名前が付いた女性以外が乗車しても良い車両なのだ。鉄道会社は、そうすることで女性専用車両を提供することを差別ではないとしている。むしろ、そうしないと違法行為をしていることになるのだから、そうせざるを得ない。

鉄道会社は、女性専用車両は誰でも乗車して良い車両だとしている。女性専用車両を利用する方はどう認識しているだろうか。女性専用車両に男性が乗車することが違法だと思っているのではないだろうか。それこそ、男性が乗車することこそが差別であると。つまり、女性専用車両を取り巻く差別は、